ホーム > 普通職業訓練 > コンピュータ制御科

コンピュータ制御科

電子機械を組み立てる興味から,電気通信設備・工事の現場へ

 電気・電子の基礎からマイコン応用の制御機器に関するソフトウェアとハードウェアの技術を学び,制御プログラムの開発や,電気・電子機器の組立・保守,電気工事等に関する知識・技術を修得します。コンピュータの知識がなくても,ワード・エクセルの基本操作を学ぶところから始め,豊富な実習を重ねるうちに,ロボット制御やプログラム作成,Web作成,サーバ構築などもできるようになり資格取得も魅力です。

実習風景

回路組立基本実習

産業ロボットや信号機,自動ドアなどにも用いられるシーケンス制御の基本を学び,電磁リレーを用いた有接点シーケンスの他,PLCによる無接点シーケンス制御を学び,技能検定電気機器組立シーケンス制御3級の取得を目指します。

ロボット製作実習

ロボット製作実習では,二足歩行ロボットを教材に各種センサやマイコンの使い方・プログラミング等を学びます。また,卒業製作では2年間の集大成として,電気・電子,ネットワーク,マイコンの知識をフル活用し,板金・組立て・回路設計・プログラミングのすべての工程を自ら行い,設定した課題に取り組みます。

実習室

工作基本実習では半田こて,ユニバーサル基盤を用い電子機器を組み立てる工作の実習です。半田付けの練習,テスターの使い方から始まり,PICマイコンを用いたLEDの点灯やモーター制御を行うための基板作成を行います。最終的には,センサーを用いたライントレースカーの作成を行います。

学院での様子

実習室の様子 実習室の様子 実習室の様子 実習室の様子 実習室の様子 卒業制作(スマホ連携災害支援ロボット) 卒業制作(モーションキャプチャ分身ロボット) 卒業制作(実演の様子) 合同企業説明会

在校生からのメッセージ

在校生 久米原 真 私立霞ヶ浦高等学校卒
 土浦産業技術専門学院での最終的な目標は,自分の志願する就職先に,就職することです。そのため,コンピュータ制御科では,自己の技術力を向上させ,より魅力的な人物像になることを目指し,私も希望していた通信関係の企業に内定できました。自己の技術力を向上させるため,初めに基礎を重点的に学んだ後,応用に移り,自分たちで実際に触れたり作ったりする事で理解力を高めていきます。また,多くの資格取得にチャレンジし,資格を取得する事で,企業の方々にとって魅力的な人材になり,就職活動が有利になります。
私は,普通科出身のため,初めから工業関係に詳しかったのではなく,0からのスタートでしたが,工事担任者,電気工事士,シーケンス制御技能検定の国家資格を取得することが出来ました。それは,努力と意欲があれば,だれにでも取得が可能ということです。みなさんもこの学院で挑戦してみてはいかがでしょうか。

取得可能な資格

在学中

  • 工事担任者(DD1種,AI1種)
  • 第2種電気工事士
  • 技能士補(電子機器組立)
  • 技能士(シーケンス制御3級及び2級)

修了後

  • 職業訓練指導員試験受験資格(必要経験年数の短縮)
  • 2級技能検定受験資格(関連職種の学科免除及び必要経験年数の短縮)

主な就職先

  • 電気(子)機械製造業
  • 電気通信設備工事・保守
  • ソフトウェア開発業

就職内定先一覧 >>

進学

  • 関東職業能力開発大学校 応用課程